« ドイツの排出量取引 | トップページ | 谷 = Tal »

2007年8月25日 (土)

ドイツの排出量取引,補足 Emissionshandel in Deutschland, eine Ergänzung

 前回取り上げた,配分法(Zuteilungsgesetz 2012)は8月11日に発効しました。前回は少し短くしすぎましたので,補足情報です。

1.キャップについて
 やはりドイツ環境省の資料(URLが見つからなくなってしまいました)によると,2008年から2012年までの第2期での最大排出許容枠は年間4億5300万トンCO2。

 ただ,第2期から対象となる施設が増えるそうで(例えば化学産業の一部施設),この新規に対象となる施設を除いて第1期で既に対象となっている設備だけを考えるとその最大排出許容枠は年間4億4200万トンCO2。

 また,これまでの第1期の初期配分計画での最大排出許容枠は年間4億9900万トンCO2だったので,これと比較すると5700万トンCO2(約11%)の減少となります。

2.排出枠の販売について
 ドイツ政府は政府は2005年から2007年までの第1期では排出量取引の対象となる施設の排出枠を全て無料で配分していました。第2期では,割り当てる排出枠の約10%をオークションによって販売するそうです。オークションにかけることが出来る排出枠の量はEUで最大10%と決まっているそうで,ドイツでは上限までオークションにかけるそうです。これによりドイツでのオークションの割合は欧州で最大となります。

 排出枠をどのように割り当てるかという初期配分の制度設計は,排出量取引制度の大きな論点の一つです。有償配分と無償配分については,色々意見があるかもしれませんが,個人的には出来る限り有償で販売する方がベターだと思います。

 なお,ドイツ(欧州)の電力業界は,第1期において無料で割り当てられた排出枠の価格を,電力料金に上乗せして販売していたそうです(ドイツ語では,架空の経費とか,計算上の経費,という言葉が使われています)。ただで仕入れたものを有償で売るというぼろもうけの意味で「棚ぼた利益」というそうで,結構問題になっているようです。

Einige ergänzende Bemerkung zum letzten Artikel

   Die zugeteilten CO2-Emission ist jährlich 453 Mio. t CO2. Ohne die für das 2. Periode neu erfassten Anlage  (z.B. Cracker der chemischen Industrie) beträgt die jährliche Gesamtzuteilungsmenge an den in der ersten Handelsperiode bereits erfassten Anlagenkreis rund 442 Mio. Da das Emissionsbudgets in der ersten Handelsperiode 499 Mio. Tonnen CO2 beträgt, bedeutet es eine Minderung von 57 Mio. Tonnen CO2.

   Ab dem Jahr 2008 werden jährlich 40 Millionen Emissionsberechtigungen verkauft. Dies beträgt fast 10 Prozent der Emissionsrechte. Deutschland wird damit EU-weit den größten Anteil an Zertifikaten veräußern. Dieses 10 Prozent ist der Obergrenze, die durch die Emissionshandelsrichtlinie der EU festgestellt ist.

|

« ドイツの排出量取引 | トップページ | 谷 = Tal »

Deutsch」カテゴリの記事

Umwelt」カテゴリの記事

ドイツ・ドイツ語」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208179/16236657

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツの排出量取引,補足 Emissionshandel in Deutschland, eine Ergänzung:

« ドイツの排出量取引 | トップページ | 谷 = Tal »