2014年9月 4日 (木)

歩きました - アサマスタークロスウォーク

春音は体力には全く自信のない人間で、学校へ行っているときも体育は大の苦手。かけっこも後から数えた方が早いぐらいでした(^_^;)

それが、何の気の迷いか浅間山麓を縦断する、全長31Km、標高差1,310mのアサマ・スター・クロス・ウォークに参加してしまいました。
詳しくはこちら↓

アサマスタークロスウォーク

途中途中に目印が置いてあるで、事前に携帯で用意したメールを送信して、可能な限り記録をとってきました。1~2分の誤差がありますが、以下に記録です。

スタート 18時00分 → 7Km地点 19時21分 → 
Km地点 19時34分 → 9Km地点 19時45分 → 
10Km地点 19時56分 → 車坂林道入口(休憩) 20時07分 → 
11Km地点 20時13分 → 12Km地点 20時23分 → 
13Km地点 20時36分 → 14Km地点 20時49分 → 
15Km地点 21時04分 → 
16Km地点(このあたりが車坂峠で標高最高地点) 21時18分 → 
17Km地点=チェックポイント到着 21時28分
チェックポイント再スタート 22時00分 → 
18Km地点 22時12分 → 19Km地点 22時?分 → 
20Km地点 22時29分 → 21Km地点 22時40分 → 
22Km地点 22時50分 → 23Km地点 22時59分 → 
24Km地点 23時11分 → 25Km地点 23時20分 → 
26Km地点 23時32分 → 27Km地点 23時46分 → 
28Km地点 23時56分 → 29Km地点 24時08分 → 
30Km地点 24時18分 → ゴール 24時28分!

申込締切の1日前にゴール地点の嬬恋村におり、ここで偶然パンフレットを見つけてしまいました。以前からこのイベントのことは聞いていましたが、この日にこのパンフレットに出会うのも何かの縁と思い、一晩悩んだあげくに、締切日に郵便局から参加申し込みをしました。

その後、しばらくは練習のため毎日1時間以上歩いていましたが、イベントの1週間ぐらい前に風邪を引いてしまいました。医者や薬はあまり好きではないのですが、普段はいかない医者を訪ね、普段は飲まない薬を飲んでいたものの、忙しかったのでほとんどよくりません。

結局、咳は出るわ、頭はボーとするわの状況でスタート地点の小諸駅へ。駅の近くの薬屋さんで体温計を買って検温して、とりあえず平熱だったので参加することにしました。そんな状態だったので、何とか時間内にゴール、駄目ならば登りだけでも歩ききりたい、と思っていたのですが、スタートしたら、想像以上にいいテンポで歩くことができましたhappy01

登りの最後の3Kmは、本当にきつかったのですが、幸運にも夜空が見えて、きれいな星を見ながらのんびりと最高地点の車坂峠まで歩きました。きっとこれがこのイベントの本来の姿(のんびりと星空を楽しむ)なのかもしれませんね。

車坂峠を越えると下りなので、体が軽くなって、近くにいた方に話しかけてお喋りをしながらチェックポイントに到達。ここは17Kmコースのゴールにもなっていて、再スタートは夜の10時設定されているので、しばし休憩です。

ここで暖かい豚汁とトマトを頂きましたheart04   あまりに美味しかったのでついおかわりしてしまいました。ほぼ30分の休憩して、再度揃ってスタート。先頭グループは走っていきましたが、さすがにその元気はないのでしばらくは星空を楽しみながら歩きました。

後半は下りで、途中の砂利道に苦労しながらも、登りよりは楽です。それでも、ゴール前最後の3Kmはかなり厳しかったのですが、ここはある程度知った土地。すっかりペースが落ちたものの「もう少し、もう少し」と自分に言い聞かせて歩ききりましたsign03

お天気が心配でしたが、雨も降らず、途中きれいな星空ととても大きな流れ星を見ることができて、大満足でしたhappy01

以下、反省点など。

☆ カロリーメイトなどをたくさん持って行ったのですが、途中途中の休憩所に甘いものなどが置いてあったので、それほど必要なかったです。

☆ マイボトルに氷をたくさん入れて持っていったのですが、かなり涼しいのでそんなに冷たい水は不要でした。

☆ 舗装道路の上りを重視して靴を選んだ(普通のスニーカーのようなもの)のですが、下りの砂利道(結構長い)で足指の爪を痛めましたsad もう少し下りに楽な靴を選ぶべきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月27日 (日)

eröfnen ???

 先日資料を探していたら、だいぶ前に頂いた本が目について、中を開けて最初の1文を読んだら???でしたcoldsweats01

Am Tag vor Heiligabend eröfnete der Ratsvorsitzende des Kreises K. seiner achtzehnjährigen Tochter, nachdem er sich einige Stunde unruhig durch die Wohnung gedrückt hatte, er müsse sie über gewisse Dinge informieren (er sagte informieren), von denen er Kenntnis erhalten, woher ginge sie nichts an, die aber vieles oder, im schlimmsten Fall alles in ihrem Leben ändern könnten.

Volker Braun: "Die Unvollendete Geschichte und ihre Ende"

 本の一番最初の文章なので、前後から想像することもほぼできないし、最近こういう文章を読まなくなったのでひどく難しく感じました。一番のつまずきはeröfnenの此処での用法を知らなかったこと。何とか想像はつくものの、辞書を見て納得しましたheart04

eröfnen = (jm. et.4 打ち明ける、知らせる」 だそうですsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

ブログ再開します --- Wieder da (*^_^*)

 長らくこのブログをほっておきましたが、せっかく広告の付かないブログでもあるので、再開しますhappy01

 肩の凝らない(主に自分の)ブログにするつもりですので、よろしくおつきあいくださいheart04

 Nach einer mehrjährigen Pause bloge ich hier wiedernote

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

Ziel erreicht? Bach Invention Nr.1

Ein Ziel dieses Jahres sei die Invention Nr. 1 von Bach, so habe ich letztes Mal geschrieben. Kurz vor dem Jahresende habe ich heute noch einmal mein Spiel aufgenommen. Nach einem Testspiel ist es das zweite Spiel. Es zeigt also mein derzeitiges Spielniveau.


  noteheart04noteheart04noteheart04noteheart04noteheart04

shineheart02Bach Invention Nr.1 2010-12-30heart02shine

Weit entfernt von einem einigermassen guten Spiel, doch für das Jahr mächte ich mich damit begnügen, und sagen, das Ziel sei erreichthappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標達成? バッハ、インヴェンション No.1

 バッハのインヴェンション No.1が今年の目標と前回書きましたが、記録のためにも今日録音してみましたhappy01
 試しに1度弾いた後の、2度目の演奏で、これが現在の実力です。

  noteheart04noteheart04noteheart04noteheart04noteheart04

shineheart02Bach Invention Nr.1 2010-12-30heart02shine

 まだまだ、完成にはほど遠いのですが、個人的には、これで今年の目標達成ということにしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«バッハ、インヴェンション No.1 Bach Invention Nr.1